金鳳花(きんぽうげ)科

光や温度に非常に敏感で昼頃からしか咲かない。
花が終わる頃、人参(にんじん)の葉の    
ような、こまかい葉が出てきて一面に広がる

別名:元日草」(がんじつそう)・ 「朔日草」(ついたちそう)
花言葉:幸福・幸せを招く・永久の幸福・回想・思い出・悲しき思い出

福寿草

福寿草1

福寿草2

福寿草3

福寿草4

民間薬として根には強心作用、利尿作用がある、しかし毒草です

初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、
それから春までを地下で過ごす、典型的なスプリング・エフェメラルである

綺麗な黄色(金色)な花です
今年は少し咲くのが遅いようです