Fukko photo

2009年06月

arisann.jpg
 
時計草(パッシフローラ・シトリナ)
 
arisann1.jpg
 
夏菊
 
arisann2.jpg
 
arisann3.jpg
 
arisann4.jpg
 
arisann5.jpg
 
サルビア
 
我が家の花に遊びにきている蟻さんです。
写真を撮っている時蟻さんを見つけるといつも写しております。
数匹はまだ可愛く感じますが沢山群がっている蟻は
恐ろしく気持ち悪くです。

エネルギー源として植物の蜜やアブラムシの甘露
タンパク質源として肉食をする種が多いそうです。


sabotenn.jpg
 
sabotenn1.jpg
 
sabotenn2.jpg
 
sabotenn3.jpg
 
sabotenn4.jpg
 
花言葉:燃える心

球系とげとげサボテンでとても美しい花ですが
一日しか楽しむことが出来ません

kiirosuzumebati.jpg
 
キイロスズメバチ
斑紋の黄橙色部分が広い中型のスズメバチ
 
benisizimi.jpg
 
ベニシジミ
前翅は表裏とも赤地に黒褐色点があり、
後翅は表面が黒褐色で、裏面は灰色のシジミチョウ
 
kosiakitonnbo1.jpg
 
コシアキトンボ
黒色で、腹の上部だけが白いトンボ
 
usubakitonnbo.jpg
 
ウスバキトンボ?
 
hotaruga.jpg
 
ホタルガ
黒地に、1本の太い白帯が印象的なガ
頭部は赤く、触角が立派で、何となく悪魔っぽい雰囲気を持つ
 
森林公園 6月25日

真夏日も忘れて楽しませてくれてます 

azisai.jpg
 
azisai1.jpg
 
azisai2.jpg
 
azisai3.jpg
 
azisai4.jpg
 
azisai5.jpg
 
azisai6.jpg
 
azisai7.jpg
 
azisai8.jpg
 
雪の下(ゆきのした)科

花言葉:移り気・高慢・辛抱強い愛情・元気な女性

日本原産のガクアジサイを改良した
球状のアジサイはセイヨウアジサイです

花びら(装飾花)に見えるものは萼(がく)である
本来の花は中心部で小さくめだたない

酸性土壌では青色が強く、
アルカリ性土壌では赤色が強くなるらしい。

梅雨に似合う花ですが雨降りには写してません。
最後の写真はカシワバアジサイの一種で
犬(熊)の顔に見るのを楽しんでいます。

kamo.jpg
 
大道平池のカモ
 
mizusumasi.jpg
 
ミズスマシ
 
kosiakitonnbo.jpg
 
コシアキトンボ
 
kinoko.jpg
 
キノコ
 
hanngesyou.jpg
 
ハンゲショウ
 
okatoranoo1.jpg
 
オカトラノオ
 
hagi.jpg
 
ハギ
 
aberia.jpg
 
アベリア
 
nezibana.jpg
 
ネジバナ
 
azami.jpg
 
アザミ
 
6月23日 梅雨の間の晴天です。
気温も30度にもなり暑い日で
半分しか回ることが出来ませんでした。
水生園でアジサイを写していた時大きなヌートリアが
猫をお駆けているのを見てビックリです。怖かったです。

このページのトップヘ